『日本一のブログ道』プロブロガー藤井洋輔(ふじいようすけ)の『新しい遊びを紹介するブログ』@yuricafeブログ

名古屋住み/25歳/名古屋新守山で「日本一人と人が繋がるカフェ”YuriCafe”」を経営」/『日本一話せる友達ができるBAR』旅BAR名古屋経営/ゆるいブロガー(現在1ヶ月で31000pv)/趣味はカフェ経営、バー経営・カフェ巡り・バー巡り・ブログ発信・youtube発信・sns発信・人と話すこと・旅行・ゆりと遊ぶ。

HIV検査を受けた。「こわい?結果は?感想は?」「自分だけは大丈夫」25歳の僕の新たな一歩。

calendar

HIV検査を受けた。「こわい?結果は?感想は?」「自分だけは大丈夫」25歳の僕の新たな一歩。

 

どうも!

名古屋栄で「日本一話せる友達ができるカフェバー」”旅カフェバー夢port”の経営と、

名古屋新守山で「日本一人と人がつながるカフェ」”YuriCafe”を彼女と経営している、

現在、名古屋住みの25歳、

youtuber(旅BARTV)のふじいようすけです。

 

今回は、HIV検査を受けてきたので、感想や結果を書く。

 

スポンサーリンク

HIV検査をなぜ受けようと思ったの?

今25歳。特に思い当たる節があるわけでもないし、「自分は大丈夫だろう」と思っていたが、

今後の、パートナーとの性行為もそうだし、子供のことなども考えたり、長生きもしたいなと思ったら、

「口だけじゃなく行動に移さなきゃ!」と湧き上がってきて、受けてきた。

 

ついでに無料というのも、後押しとしてデカかった。

それだけ、市が推してるってことは、理由があるんじゃ??という疑問もあった。

 

HIV検査を受ける2週間前

土日はどうやら予約しないと受けれないみたいなので、予約した。

実は、以前一回受けようと思い、前日に予約しようとしたのだが、予約いっぱいだったので、念には念をと2週間前に予約した。

 

HIV検査を受ける前日。

健康診断のように、当日の朝にご飯を食べちゃいけないかなどは無いか、ググりながら、

「もしかかっていたら・・・。」「僕は死ぬんだろうか?」「今後の性行為はどうしたらいいのだろうか?」と勝手に妄想して、楽しんでいた。

いや、正確にいうと、湧き上がる不安を、無理やり楽しみに変えて、心を落ち着かせた。

 

HIV検査を受ける当日。

「どんな大きさの会場なのだろうか?」「男性が多いのか?女性が多いのか?」「他の人と顔は合わせるのだろうか?」

そんな事を思いながら、検査会場へ向かう。

 

受付まで40分ほど早かったので、近くのコンビニに行き、カップ飯とおでんとお菓子を手に取り、フードコートで食べるのだが、なんだか検査前のコンビニ飯は、自分の体に対しての罪悪感が湧いてきた。

ただでさえ、HIVの事を考えて「健康でいたい」という想いが込み上げてきていたので、そんな僕にコンビニ飯は、罰ゲームを食らってる感覚になった。

 

しかし、コンビニから会場に歩いている途中で、20代前半の男性2人のカップルが、信号待ちに、めちゃ目の前で堂々と、キスしてる姿を見て、

なんだか微笑ましくなったのと、その勇ましい姿から「まぁすぎたことはしゃーないか」と思わせてくれた。

 

なんという偶然。神様はご褒美?をくれたのだろう。笑

「飴とムチ。」いや、「ムチとキス見学」を。笑

 

HIV検査会場の1階

会場は3階なのだが、エレベーターに乗ると、イケイケ20代で黒人の男2人組も、3階に行くみたいで、「仲間じゃん」と勝手に仲間意識が芽生えて、安心した。笑

しかも、カップルっぽい雰囲気だったので、「ちゃんとお互いの未来を考えて、検査しにきたんだな」と、その心意気に勝手に感心していた。

 

そして、HIV検査の会場に入った。

スタッフが4人ぐらいいて、「めちゃいるやん!!」と少し緊張しながらも、

受付番号札と、軽い問診票をもらい、もらってから約2分後に呼ばれた。

 

どうやら匿名制で、市役所の住所変更の時のように、名前ではなく番号札で全て呼ばれる。

そのまま個室へ連れてかれて入ると、1人の看護師がいて、

「HIVとはどうやったらなるのか?なったら死ぬのか?そういった行為があった3ヶ月以上たってからしか正確な検査結果がでないよ」などという説明を受けて、

最後に再度「今回はHIV検査を受けますか?受けるのではあれば、書類に○サインをしてください」と言われた。

 

そのまま別室の個室へと連れてかれ。

また別の看護師がいて、採血されることになった。

僕は採血が苦手だけど、それよりも看護師に「こいつ採血苦手なんや!ださ!」と思われる方が嫌なので、

「おっす!何回でも、何リットルでも採血してください!」ぐらいの余裕ぶりを、かもし出そうと頑張った。

なのだが、体が勝手に拒否反応を起こしていたのか、看護師に「すいません、力みすぎなので、力抜いてリラックスしてください」

と、結局ダサいまま採血は終わった。笑

 

待合室には10人ほど検査結果待ちの人が。

どうやら、結果まで待合室で、一時間ほど待たないといけないらしい。

暇なので、待合室を見渡し現状を把握した。

 

待合室には20代っぽい人が2人、3,40代っぽい人が8人。

男性が8人に対し、女性は2人。

 

きてる男性は、特にチャラい感じというよりは、そこらへんのサラリーマンみたいな人が多い、女性は元夜職っぽい雰囲気の人だった。

少なからず、みんな何かしらの背景があって、心配で来てる人も多いだろうから、暗い雰囲気。

普段通っている、歯医者の待合室を、2段階ぐらい暗くした雰囲気だ。

あの、大声がうるさいサンシャイン池崎も、待合室にこれば、小声に変わり、ダークネス池崎に変わるだろう。

 

途中、受付をしにきた人が、一瞬、僕らがいる待合室を横切るのだが、

受付をする時と、問診書を書く部屋まで行く途中の、あの恥ずかしそうにしてる顔を見たり、妄想するのが楽しくて(俺かなり最低な人間)

20代前半っぽい女の子2人ペアが、通った時も、ぼくは「こんな若い2人が・・・。」と勝手に妄想を膨らませながら楽しんでいたら、2人ペアの片方が「めちゃあの人こっち見てくるんだけど」と小声で言われてしまい、

僕は「たしかに!見られるの嫌か!」と小学生でもわかるようなことに気づき、そこから見るのは辞めた。

 

HIV検査の結果が出る5分前。

僕は受付番号540番なのだが、539番まできた。

ここまで約55分ほど待った。

正直、最初は「1時間なんてあっという間でしょ」なんて余裕をこいていたが、色々妄想やら心配やらしていたら、あっという間だった。

 

それまでは余裕だったのに、直前になって「やべーもしHIVだったらどうしようか。いっそのことみんなに報告してネタにしようかな。」「神様!どうか違いますように」とかいろんなこと考えすぎて、変な冷や汗が出て来た。

 

540番。僕の番だ。

正直、内心ドキドキしているが、せめて態度だけは平然とリラックスしてる感じを繕って、無理やり心を落ち着かせていた。

また先ほど最初に行った、別室の個室へ案内されると、 最初にいた看護師がいて、検査結果が書かれた封筒を渡された。

そして、看護師が「では今回の検査結果は・・・。」「陰性(HIVではない)です。ですが改めてHIVの説明をさせていただきます。」

と言われ、HIVとはなんなのか?どうやったら感染るかなどを、伝えられて、僕のど緊張タイムは幕を閉じた。

 

HIV検査が終わった後の感想。

正直、HIVではなくて、めちゃ安心した。

癌ではないと感覚では感じていても、「もしかしたら??」という漠然とした不安が解決した感じだ。

あと、他にも30人近くの人が、一日で受けにきていて、「自分以外にも不安がってる人がいたんだ」となんだか安心した。

 

さいごに。もし心当たりあるなら検査に行ってみるのはどうだろうか?

1時間半もあれば検査できるし、市で受けると無料で受けれるし、場所によっては、即日で結果が出るので、

もし少しでも心当たりがあるなら、今後のパートナーや子供のことを考えて検査をオススメする。

僕は本当に検査して安心した。

 

もし検査したい方は、地域名✖️HIV検査と、グーグルで調べれば出てくるので、1度調べてみてほしい。

 

ということで最後まで見てくれて本当にありがとうございます。

この記事ちょっとでもええなと思ったらシェアしてくれたら嬉しいです。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 三重県のおすすめスポット

HAPPU MARKET(八風マーケット)2018の感想口コミ!
more...