『日本一のブログ道』プロブロガー藤井洋輔(ふじいようすけ)の『新しい遊びを紹介するブログ』@yuricafeブログ

名古屋住み/25歳/名古屋新守山で「日本一人と人が繋がるカフェ”Yuricafe”」を経営」/『日本一話せる友達ができる場所』旅カフェ&バーを名古屋で経営/仕事の裏話YouTuber(旅BAR TV)/ブロガー/趣味はカフェ経営、バー経営・カフェ巡り・バー巡り・youtube発信・sns発信・人と話すこと・旅行。

週末カフェ経営の夢と現実?収入は?喫茶店開業後の失敗?成功事例?難しいし、辞めたい?辞める?時給換算すると・・・。

calendar

スポンサーリンク

週末カフェ経営の夢と現実?収入は?喫茶店開業後の失敗?成功事例?難しいし、辞めたい?辞める?時給換算すると・・・。

 

どうも!

名古屋新守山で「日本一人と人がつながるカフェ」”YuriCafe”を彼女と経営しながら(ここに毎日いるので遊びにきて!話そう!)、

名古屋栄で「日本一話せる友達ができるカフェバー」”旅カフェバー夢port”の経営をしている

現在、名古屋住みの25歳のふじいようすけです。

藤井洋輔本人写真

今回は、本業や、副業として大学や会社に行きながら、カフェ経営・喫茶店開業という夢を持っている人のために、

現実の収入や、失敗事例、成功事例を暴露しました。

 

本業や週末にカフェ経営・喫茶店開業を夢だと言う人へ!【現実の収入】

ワーゲンバスカフェ名古屋

実際、僕は名古屋で2店舗カフェバーとカフェを1つは半年、もう一つは1ヶ月やっていますが(バーは3年間)、

これを平均時給換算すると、500円〜1000円の間という現実です。笑

実際は、カフェのお店で接客している以外にも、「集客のために発信や」「材料調達」「仕込み」「税金関係」などの事なども含めると、平均時給換算は500円を切る事も。笑

 

カフェや喫茶店開業で食べていくのは難しいので辞める方がいい?辞めたいなら早めに?

yuricafeの外観

正直、「お金を稼ぎたい」「副業で収入を増やしたい」という事であれば、心が折れるので辞める方がいいかもしれません。笑

普通に、カフェや喫茶店でバイトしていた方がお金儲かります。

 

カフェ経営・喫茶店開業の失敗事例

悲しい

・カフェ開業前に初期費用をかけすぎた

ワーゲンバス内装工事

初期費用に、内装費や材料費に金をかけすぎると後々しんどい。

実際はじまってから「こっちのがいいな」と思うことがあるので、ある程度は作って、あとは始まってからガッチリ作ると良い。

 

・人を雇いすぎて人権費が高すぎた

yuricafeの雰囲気

人件費はバカにならない。一回雇うと辞めさせずらいし、雇うのは考えた方がいい。

 

・安売りしすぎた

yuricafeの料理、食べ物、パン、ドリンク

「安い方が売れるだろう」と思って安くしてると、「安いからくる」という客層の悪い人が来る。

そういう客は、心が狭かったりする人も多く、クレーマーのパターンも。笑

 

・金儲けがしたすぎた

お金を持ってる人

最初にも書いた通り、金儲けするには非効率なので、辞めた方がいいです。

メンタルやられます。

 

・発信をせずに、待ちの体制すぎた

ただいい商品を作って待てば来るわけじゃない。

今はたくさんのカフェがある時代。

「自分からsns等で発信したり」「他社コミュ二ティと交流」をすると良い。

 

・ありきたりなカフェをやりすぎた

yuricafeのオーナー兼スタッフゆり

普通のカフェならそこにいく理由はないですよね。

 

カフェ経営・喫茶店開業の成功事例

 

・発信と攻めの体制を整えた

ワーゲンバス名古屋

自分でブログやyoutubeをやったり、他のお店に挨拶に行ったりする。

待つな!攻めろ!カフェ戦国時代に勝ち残れ!

 

・〇〇といったら〇〇を獲得した

yuricafeのスタッフ

ただのカフェじゃ忘れられる。

〇〇の地域で、〇〇(商品でもサービス)で1位を取ることで、相手がそのサービスが、その地域で欲しい時に思い出してくれる。

 

・経費を0に近づけた

節約は収入に直結する。

内装は誰かが捨てる廃材を使ったり、必要機材ももらえるように交渉しまくる。

場所も、空き家や空きスペースをなるべく無料に近い形で借りれる場所を。

 

・変化をし続けた

藤井洋輔(旅BARTVよーすけ)

同じことをやってたってダメ。

時代の流れに合わせて、味やサービスやシステムを変えていく

 

・お客さんよりも関係者を大事にし続けた

yuricafe名古屋友達ができる

お客さんを大切にするのも大事。だけど、スタッフや関係者ももっと大事にする。

結局、スタッフや関係者のモチベーションが上がることで、お店に新しいアイデアや繋がりをくれやすくなるので、繁盛しやすい。

 

・だれでもできることをだれよりもやった

yuricafeと白石朋華

シンプルだ。命を使い切ろう。

 

僕はなぜカフェ経営をしているのか?なんのために?将来の夢は?

yuricafeオーナーよーすけとゆり

僕は優しい世界を作りたい。

僕は、子供の頃から大人になるにかけて、友達がすくなかったり、自分に自信がなくて、生きるのが辛かった。

そんな中で僕は、「友達ができる場所」「ありのままの自分を受け止めてくれる、帰ってこれる場所」「人生が加速する場所」、そんな「やさしい世界」を追い求めてきた。

 

そしてその、僕の理想なやさしい場所、僕の夢を叶えた場所が「yuricafe」「旅カフェ&バー」だ。

もちろん。まだまだ夢はある。

それは、そんな「帰ってこれるやさしい場所」を世界中に作ることだ。

 

世界中には強い人もいれば、僕のように”社会不適合者”で弱い人間もいる。

落ち込み

強い人間は、勝手に出世し、勝手に幸せになるだろう。

しかし弱い人間は、”誰かと比べ”落ち込み”言い訳をし”、どこか頼れる先や、帰ってこれる優しい場所無いと生きていけない。

みんなはどうだろうか?少なからず僕は後者だ。

僕は僕が生きるために、そして僕のような人のために、今後も「帰ってこれる、優しい世界を作り続けるよ」

 

なので、是非、これからカフェや喫茶店をやりたい方で、聞きたいことがある方は、いつでもゆるく連絡ください。

電話でお話でも、名古屋のyuricafeでお茶でもしましょう。

youske33333333@gmail.com

藤井洋輔のライン(旅BARTVよーすけ)

 

ということで、最後まで見てくれてほんまありがとう。

この記事ちょっとでもええなと思ったらシェアしてくれたら嬉しいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 三重県のおすすめスポット

HAPPU MARKET(八風マーケット)2018の感想口コミ!
more...