『日本一のブログ道』プロブロガー藤井洋輔(ふじいようすけ)の『新しい遊びを紹介するブログ』@yuricafeブログ

名古屋住み/25歳/名古屋新守山で「日本一人と人が繋がるカフェ”Yuricafe”」を経営」/『日本一話せる友達ができる場所』旅カフェ&バーを名古屋で経営/仕事の裏話YouTuber(旅BAR TV)/ブロガー/趣味はカフェ経営、バー経営・カフェ巡り・バー巡り・youtube発信・sns発信・人と話すこと・旅行。

スポンサーリンク

一人でカフェ経営!売上を上げる方法・アイデア!お客数を増やすには?

 

どうも!

名古屋新守山で「日本一人と人がつながるカフェ」”YuriCafe”を彼女と経営しながら(ここに毎日いるので遊びにきて!話そう!)、

名古屋栄で「日本一話せる友達ができるカフェバー」”旅カフェバー夢port”の経営をしている

現在、名古屋住みの25歳のふじいようすけです。

藤井洋輔本人写真

今回は、一人でカフェ経営をしている方必見!カフェを2店舗経営している僕が、

カフェの売上を上げる方法・アイデア!お客数を増やすには?というのを書きました。

(2018年12月31日更新)

 

カフェの売上を上げる方法・アイデア

 

カフェの新規客を増やすためにブログをやる。

yuricafeのオーナー兼スタッフゆり

先に言っておこう!めちゃブログ大事。

食べログやぐるなびなどもあるけど、あれってぶっちゃけ高いですよね。

1人で経営する規模で、月に2,3万って高いですよね。

 

そういった方は、ブログがオススメです。無料で始めれます。

月間で約200人ほどが、ブログできています。

やり方はこちらでぶっちゃけてます→https://fujiiyouske.com/2018/01/20/blog-access/

やり方をざっくりというと、「タイトルと本文に検索されたいワードをいれる」「ひたすら続ける」だけです。笑

僕は通算1500記事以上書いているので、とにかく、打席に立ちまくるのが大事です。(ちゃんと調査と仮説もしつつね)

 

新規客もリピーター客も増える、「youtube」をやる

これもじみーにいい感じ。これから5G通信も対応するようになっていったり、wifiも色んな所に導入されているので、動画を見る人や聞く人は増えていく。

そんな中で、youtubeはげきあつ!最近はグーグル検索で、「名古屋カフェ」みたいなのを検索すると、youtube動画が出てきたりするわけだ。

ついでに、飲食店×youtuberは数が少ないし、本気でやってる人もいないので、結構今は楽勝です。

「◯◯やってみた。」みたいなエンターテイメントで攻めて、リピーターや「なんか楽しそうやな」と思ってもらって、お客さんを呼ぶもよし。

「飲食店の売り上げup方法」みたいな動画を出して、飲食店に興味がある人もよし。

無料でノーリスクでできるので、やってみては?(大体みんなやらないし、やっても続かないけど)

 

youtubeのやり方は→https://fujiiyouske.com/2018/11/18/channel/

 

カフェの新規集客に大事!グーグルマップをやる

これも意外にきちんとやってない人が多いです。

これ結構抑えるだけで、月間2,30人は新規のお客さんが来ます。

大事なのは、「お店のタイトル」「画像の量と質」「そのマップを見て滞在したくなるような状態なのか?」です。

これも無料なので、誰でもやれます。これについての詳細は、後日このブログにアップしますね。

 

お客さんが安心してこれるように、リピーターになるように、「ホームページ」を更新

家のフリー素材

「ブログ→ホームページ」「youtube→ホームページ」「グーグルマップ→ホームページ」

ようは、ホームページってお店そのものみたいなんですよね。

なので、ホームページをどんだけ更新しているのか。(最新情報とか、来たくなるコンテンツ)が大事です。

ホームページで予め、来た際に楽しめる情報を入れておいて、満足度を高めていこう。

 

各種snsをやる。なんなら全部やろうぜ。

美人フリー素材

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタ、Tik Tok

なんでもいいけど、とりあえず、毎日更新します。笑

毎日ってのが大事!!ウザいって思う人もいるかもしれないけど、続けていると「あいつ頑張ってるな」ってなったり、ふとした瞬間に見てくれたりします。

とくに意外に穴が、ラインのタイムラインです。僕は8年前から毎日あげ続けていますが、結構人来ます。(もちろん友達だけですが)

 

1日店長制度をやる

yuricafeの雰囲気

1日店長制度とは、お客さんが、1日限定の店長をやること(場合によっては毎週、毎月1回)

これが意外に、お店を盛り上げる上で大事で、一日店長の人が新規を呼んでくれたり、1日店長やってくれた人が、お店にがっつり関わることで、より好きになってくれる。

なのでリピーターにもつながる。

1日店長とは何か→https://fujiiyouske.com/2018/12/03/ichinichitentyou/

 

1人と1人とsnsは交換する。時にダイレクトメッセージを

もちろん全員とsnsを交換するというよりは、「気に入った人」「また来て欲しい人」には、勇気を出して「よかったらインスタとかツイッターとかsns交換しませんか?」と聞いてみましょう。

「また次会った時にね」とか流されて傷つくこともあるけど、90%ぐらいの確率でokをもらえます。

そして、交換したらなるべく、ダイレクトメッセージで、またお店に誘うようにしよう。

もしくは、後日会ったり、遊ぶアポを取って信頼関係を築こう。

 

日本人は”待ち”の人が多いので、誘われ待ちが多い国だと思っています。

誘うと意外に来てくれる人がたくさんいます。攻めよう。短い命を使い果たそう。

 

来た人の誕生日を聞いて、誕生日会をやる

来てくれた人で、好きな人がいた場合は、誕生日会をお店で開こう。

その子の友達も来てくれるし、祝われた子もファンになってくれるし、開いた側も楽しい。笑

なので誕生日はヒアリングして、メモっておこう。

 

〇〇といったら〇〇になる

yuricafeの雰囲気

ココイチが盛り上がっているのは、カレーといえばココイチだから。

スタバを使うのは、時間を潰すなら、友達と話すならスタバ

みたいな、脳内検索順位が高いからであり、〇〇といったら〇〇になるというのが大事。

 

僕がついでに経営しているお店は「友達ができる場所といえば、旅バー」「話し相手ができる場所といえば、yuricafe」となっっているので、そういった悩みを抱えた人はみんな来る流れになっています。

 

期待を超えろ!サプライズ精神で

yuricafeの外観

「おいしい」「よかった」じゃダメで、

ディズニーのように「すげー感動した!!また来たい」と思わせないといけなくて。

そうすれば、立地が悪すぎるはずのディズニーのように、爆発的に流行る。

 

そして、その感動は、相手の思っていた期待値を超えた時に生み出されます。

もっというと、相手の「こんなもんかなー」というのを超えた時に感動が生み出されます。

 

例えば、カフェのコップでもみんなは「普通にただのコップで出て来るだろう」と思っているわけだ。

だけど、そこで「自分のために手書きのメッセージや絵が描かれたコップ」が出て来ると、「えええ私のためにこんなに??」と感動になり、友達に勧めてくれたりするわけだ。

 

自分自身がインフルエンサーになるんだ。

yuricafeのオーナー兼スタッフゆり

そもそも1人でカフェを経営するなら、オーナー個人の影響力も大事です、

なので、リアルやsnsでインフルエンサーに巻き込まれて、上に引き上げてもらったり、

有益な情報を公開して、ガンガン影響力を増やしていこう。

 

1番大切なことは「攻める」ことです。

 

人間にしかできないことをやろう

yuricafe名古屋友達ができる

良かれ悪かれ、「美味しいコーヒー」「速さ」とかはコンビニのコーヒー機械とかで叶えれちゃうわけだ。

そんな中で人間らしいこと、人間にしかできないことが流行るのではないかと思う。

それは、「会話」「思いやり」「繋がり」とか心の部分ではないかと思う。

 

ストーリーを大切に。失敗も成功も全て描こうよ

yuricafeの雰囲気内観、

カフェのクオリティにイマイチ自信がないという方は、

そのクオリティが低い部分(弱い部分)も見せつつ、成長過程も見せていけるといい。

映画でも、いきなり、ヒロインが死んでも悲しくもなんともないけど、その間の過程もみて、感情移入するから、感動するわけなのです。

だから、いい部分もダメな部分も見せていこうよ。

 

結局は一人一人を大事にして行くことが大事なんだよ。

色々小手先のノウハウも書きましたが、結局来てくれた人や関わった人を1人1人大切にして、関わって行くことが大事です。

結局そういう積み重ねが、未来に繋がるし、その思考で生きていると、必然とやることが見えて来ます。

 

ということで、最後まで見てくれてありがとうございます。

この記事ちょっとでもええなと思ったらシェアしてくれたら嬉しいです、

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 三重県のおすすめスポット

HAPPU MARKET(八風マーケット)2018の感想口コミ!
more...