『日本一のブログ道』プロブロガー藤井洋輔(ふじいようすけ)の『新しい遊びを紹介するブログ』@旅BAR名古屋ブログ

大阪出身で名古屋住み/1993年8月29日の25歳/転職22回/4つクビ/天才発達障害者(ADHD)/元お笑い芸人/新しい遊び"挑戦系"youtuber(旅BAR TV)現在1ヶ月で57000pv/プロブロガー(日本一のブログ道)現在1ヶ月で31000pv/『日本一話せる友達ができるBAR』旅BAR名古屋経営/名古屋新守山で「日本一人と人が繋がるカフェ”YuriCafe”」を経営」/職業は『プロ遊び職人』/僕の頑張る理由が皆んなの頑張る理由に。「僕にできないことはない、天才だから。」

だれでもできることをだれよりもやる。じゃないと僕は死んじゃうから

 

どうも!

名古屋栄で「日本一話せる友達ができるカフェバー」”旅カフェバー夢port”の経営と、

名古屋新守山で「日本一人と人がつながるカフェ」”YuriCafe”を彼女と経営している、

現在、名古屋住みの25歳、

youtuber(旅BARTV)のふじいようすけです。

スポンサーリンク

思い出せば僕は、”だれでもできることを誰よりやる”ことで乗り越えてきた。

僕は、体型にも運動神経にも、頭の良さにも

残念ながら恵まれていない。

それは生きていて、何度も何度も痛感してきた。

 

整理整頓も苦手、時間を守るのも苦手、人の話を聞くのも、文章を書くのも見るのも苦手、

まー苦手なことだらけなんだよ。

パラメーターがマジで低い。

 

小中はいじめにあったりもして、友達もほとんどいなかったし、

仕事も22回かわってるし、内4つはクビだ。

あげくのはてには、借金まみれでクレジットカードは止まったりもしたり、豆腐ばかり食っていた時期もある。

 

そんな自分自身が嫌いすぎて、生きるのが辛すぎて3ヶ月間連続で夜中に1,2時間泣き続けて、気づいたら寝てる生活もした。

 

「俺は生まれてこなければよかった人間じゃないのか?」と思ったことだってあるぐらいメンタルが実は弱い。

 

そしてとどめは、医師から「障害者手帳3級(ADHD)」とまでいわれたりしているわけだ。笑

 

そんな僕は、いつだってこの25年間、”だれでもできることを誰よりもやる”ことで、

なんとか自分を保ってきたし、生きてきた。

 

「もうがんばったからいいよ。大丈夫だよ」なんて自分には絶対甘やかさない。

そんな話を今日はちょこっとさせてよ。

 

「カフェバーが大繁盛しているのは運が良かったからじゃない!必然だ。」

僕が経営している旅カフェバーは、みんなのおかげで、今3年目だ。

飲食店は2年で50%、3年で70%つぶれると言われてる中で、

今、大繁盛中だし、今後も人が増える見込みがある。

 

「運が良かったね」「たまたまじゃね??」と思う人もいるかもしれないが、

少なからず僕は知っている”必然”だったということを。

 

理由はシンプルだ。

「だれでもできることをだれよりもやる」ただこれをやってきたから。

 

snsの更新、ブログ発信、youtube発信、バーに住み込みで働く、人と会い続ける、連絡し続ける、感謝をし続ける、

ひたすら24時間バーのことを考える

ただこれだけ。

 

別に特別なことなんかしてない。

ただ、人よりもバーのことを考え、やれることをやり続けただけ。

別に文章も、動画編集も、得意なわけではない。

 

得意苦手とかじゃなくて、ただ誰よりも続ける。

「こんだけやったら日本一だろ??」と納得できるまでやる。

 

「努力は報われる?」俺はそうは思ってない、

「努力は報われるまで、日本一努力する」それぐらいの精神でやる。

 

とても泥臭いし、効率は悪いのはすごい感じる。

でも、頭の悪い僕が、結果を出すために考えた、僕なりのやり方だ。

 

結果はでなくても成長はするし、それは後々絶対に活かされる。

すげー当たり前のことなんだけど、

誰でもできることを誰よりもやることで、仮に結果が出なかったとしても、

絶対にその過程で体験したことは、必ず次の一歩の役に立つ。

 

というのも、僕が19歳〜21歳の時、塾の運営の会社を仲間4人と運営していたのだが、

結果として言うと、2年間で月給は833円(2年で2万円)。

自分も会社も嫌になり、前代未聞のブッチして逃げるという選択をし、止まったクレジットカードと借金だけが残った。

 

ただ、その会社で2年間死ぬ気でやった精神力や、自分の限界の把握、何もないところから生み出す力、コミュ力、お金に対する向き合い方など、

今の旅カフェバーで活かされていることがたくさんある。

あの時の失敗は今の大繁盛のための、踏み台でしかなかったのだろう。

 

誰でもできることを誰よりもやるためにどうすればいいのか??

結構シンプルなことだが

・誰でもできることを誰よりもやってる人と一緒にいる。

そういう人と一緒にいれば、必然とそうなる。

大学生の周りには大学生が、起業したい人の周りには起業したい人が、起業してる人の周りには起業してる人がいる。

自分がそうなりたい人と多くの時間を過ごそう。

 

・やらなきゃいけない環境を作る。

 

19歳〜21才の時は、事務所兼シェアハウスに泊まり込みでやっていた。

デスクの横で寝ていたので、起きたら仕事に取り組めるし、24時間考える状況になる。

 

22歳〜23歳まではバーに住みながら店長をしていた。

人と会う時もバーで、ブログを書くのも、ご飯を食べるのも、頭を洗うのもバーで、全部バーで生活し、バーのことを考え、やり続けた。

 

なんでそんなにやる必要があるの??

 

僕はどうせ生きているのなら、本気で心の底から感謝している家族や、彼女、仲間に恩返しをしたい。

そのためにはまずは僕が幸せになる必要があるし、その溢れたもので人に幸せを分け与えて生きたい。

みんなで幸せになりたい。

 

怠けていた今日が、最後の日にはなりたくないしという危機感から動いているのもある。

 

まぁあれだ、ただ「色々あったけど生きてて良かった」と言える人生にしたい。

そんな人達を後世にも引き継ぎたい。

そんなゴールが僕にはある。

 

さいごに、才能がないなら誰でもできることを誰よりもやれ。

冒頭でもあるように、僕はスタートのステータスが人よりも何百倍も低い。

だから人と同じことをやっても勝てないわけだ。

だったら、その人の何百倍もやるしかない。

 

やる中で、やり方もわかってくるし、勘も鋭くなってくる。

そうして才能がない人間は戦っていくしかない。

いや、最低限、僕はそう戦っていくと決めている。

 

ということで、今日も最後まで見てくれてほんまありがとう!

この記事ちょっとでもええなと思ったらシェアしてくれたら嬉しいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す