『日本一のブログ道』プロブロガー藤井洋輔(ふじいようすけ)の『新しい遊びを紹介するブログ』@yuricafeブログ

名古屋住み/25歳/名古屋新守山で「日本一人と人が繋がるカフェ”YuriCafe”」を経営」/『日本一話せる友達ができるBAR』旅BAR名古屋経営/ゆるいブロガー(現在1ヶ月で31000pv)/趣味はカフェ経営、バー経営・カフェ巡り・バー巡り・ブログ発信・youtube発信・sns発信・人と話すこと・旅行・ゆりと遊ぶ。

【彼氏彼女】藤井洋輔&西尾優里カップル「付き合うまでの馴れ初め?何で好きになった?これからどうするの?」

calendar

reload

【彼氏彼女】藤井洋輔&西尾優里カップル「付き合うまでの馴れ初め?何で好きになった?これからどうするの?」

【彼氏彼女】藤井洋輔&西尾優里カップル「付き合うまでの馴れ初め?何で好きになった?これからどうするの?」

 

どうも!

名古屋栄で「日本一話せる友達ができるカフェバー」”旅カフェバー夢port”の経営と、

名古屋新守山で「日本一人と人がつながるカフェ」”YuriCafe”を彼女と経営している、

現在、名古屋住みの25歳

youtuber(旅BARTV)ふじいようすけです。

スポンサーリンク

そして!YuriCafe共同代表の彼女のゆりちゃん

1997年生まれの20歳。大学3年生。

働いてた大好きなカフェが潰れたのをキッカケに、自分で大好きなカフェを再をするために、

持ち前の人間力で、クラウドファンディング100万円を集めて、

名古屋新守山で、日本一人と人がつながるカフェYuriCafeを経営。

 

ゆりのツイッター→https://twitter.com/yurixYG?lang=ja

ゆりのインスタ→https://www.instagram.com/yr_240/?hl=ja

 

ということで!!!

今回は2人のなりそめ、どうやって付き合ったの?なんて告白したの??

何で好きになったの??これからどうするの??”ぼく視点”で書きます!!

”ゆりちゃん視点”も書いてくれるかもなので、書いてくれたら、ここにリンク貼りますね!

 

2人が出会った場所は??なぜ出会った??クラファンのアドバイスがきっかけ。

ゆりちゃんが、カフェを立ち上げるために、クラファンをやろうとしてる時に、友達に紹介をしてもらい、

すでに経験者である僕が、ゆりちゃんにクラファンのアドバイスをしたのがキッカケ。

 

その時に、ゆりちゃんが持って来たパワポやら話があまりにも、純粋で素敵すぎて、

めちゃ真剣やん!!これは絶対成功するやん!!」とかなり興奮したのを覚えている。

 

次の日。なんか心が動いた。

その次の日も、カフェの相談で、電話が来て、本気な気持ちが溢れて、泣いているの聞き、

すげー喜怒哀楽がやばいな。俺に持ってないものを持っていて、すてき」

とちょっと心が動いたのを覚えている。

「応援しよう」となんかスイッチが入った日だった。

 

それから数日後、めちゃきれいやな〜と思った。

それから数日後も、友達のシェアハウスでクラファンの関係で友達を合わせた、4人でご飯を食べたのだが、

その日は、美容院帰りに、ゆりちゃんが来てくれたのもあり、「めちゃきれいやな〜」と思ったのを覚えている。

それ以外にも、趣味やら、価値観やら、生き方の話を聞いて「なんかすてきだな〜〜」と思っていた。

 

数日後、泊まるところを探していたら・・。

そしてまた数日経った頃、当時、ホームレス生活をしていた僕は、泊まる家を探しているところ、

ゆりちゃんが「友達の家に泊まりに行くんだけど、友達と3人で泊まる?」と聞いてくれて、okをもらったので、泊まりに行ったら・・・。

まさかの、友達が酔っ払いすぎて帰って来れなくなり、ゆりと2人で泊まることに。笑

 

ここで僕は思ったわけだ。「これは・・・。もしや・・・。」「男性と女性が2人斬りということは・・・。」

でもゆりちゃんが真剣にクラファンの文章を考えたり、リターンを考えてる姿を見ていたら、

「違う違う!おれはいやらしいことをしたいんじゃなくて!応援したいんだ!!ここは紳士に邪神なしで応援しよう!あっち側もそういう気持ちで誘ったんじゃないし!」

と思い、その日は何もないまま寝た。

 

まぁ正直内心、なんかドキドキしていたのを覚えている。

いやらしいことはしなくてもいいので、「せめて隣で一緒に寝たいな」と思いながらチキって1人床で寝た。(ゆりはベットで寝てた)

 

次の日もまさかの???今度は??

そして次の日も、ゆりちゃんが「今日も友達んち泊まりに来ていいみたいだけど、くる??」と誘ってくれたので、

行くと、なんと、また次の日も友達が、酔っ払いすぎて帰って来れなくなり、2人きりで泊まることに。笑

 

「まじか!!今日はせめて一緒に隣で寝たい!」と正直思っていたところ、

ゆりちゃんの方から、「ゆか痛くない??となりきてもいいよ!」と言ってもらい、

 

「あれ??これってもしかして俺誘われてんの??男として見られてる??どっちなんだい!!」

と葛藤しながらも、雰囲気的に、異性としては見てない感じだなと思ったので、

その日はただドキドキしたまま何もなく隣で寝た。(手をつないだりもしてない)

 

決意の朝。

そして次の日の朝、バイクで1人で仕事先に向かってる時に思った。

「俺、これ好きなんじゃね??」

「一緒にカップルでカフェやれたら幸せだろうな〜」「あの喜怒哀楽のある感じすきだな〜」

「俺にない部分もってるし、なんか高め合えそうだな〜」とかそんなことを、ボーッと考えていたら、

 

発展しまくって、「俺が幸せにしたいな〜」

「俺がゆりやカフェをささえたいな〜」「俺だったら絶対誰よりもえがおにできるな〜」

と頭ん中の妄想が繰り広げられて、最終的に耐えに耐えれなくなり、

 

直接会って、告白しようと思ったところ、

ゆりちゃんは、大阪にクラファンの支援者を募るために、行っていたので、

「電話で告白するしかねぇ」と思って、電話をしようとした。

と思ったけど、チキンな僕なので、わざわざ告白する内容を、文章に書いて

30分ぐらい、1人で練習してから電話した(はたからみたら、気持ち悪いやつだったと思う。笑)

 

告白の言葉

細かいのは緊張しすぎて何を話したのか記憶にないのだが、

とにかく「俺がこの世で一番ゆりを幸せにできる」

「俺ほど、ゆりを元気に、笑顔できる人間はいない」「とにかく好きなんだ」

ということを伝えた。(今思えばプロポーズしてるぐらい全力だった)

 

いいおわったあとは、わきあせと、頭が湯気が出るぐらい熱くなっていた。

そして、気持ちを伝えきれた達成感による、満面の笑顔がこみ上げていたのを覚えている。

 

告白の返事は??まさかの・・・。

フラれた。笑

ゆりちゃんからは「気持ちはものすごく嬉しいんだけど、今はカフェのことを本気でやりたから、ごめん。カフェのことがなかったら付き合ってた」(正確にはもっと長ったけど覚えてない)

と言われた。

 

そして、次の日、まさかの??

ゆりちゃんから「会いたいんだけど」と連絡がきて会うことに。

そして、会ったときに、

 

ゆり「色々考えたときに、よーすけと一緒にいたらもっと人生が楽しくなると思う。」

 

「・・・。俺と付き合ってくれへん?好きや!ゆりのこと。」

 

ゆり「うん。」

 

そして僕らは2018年3月24日付き合うことに。(もう半年)

今は一緒に同居して、yuricafe開業に向けて、猛進している。

 

2人はこれからどうするの?やりたいことは?

正直山ほど達成したいことはあるのですが、ざっくりというと、

 

・9月末完成予定の、YuriCafeを通して日本一色んな人を繋げて、人生を加速させて行ける場所を作る。

・ゆりちゃんが、今大学3年生なので、再来年、就職しなくてもいいぐらい売上もあげていく

(詳細記事は→https://fujiiyouske.com/2018/09/15/yuricafeuriage/

・YuriCafeを一緒にやっていく中で、店舗で今後やるのか、移動販売で外でやるのか考える。(現在は移動販売車を固定で置いてやることになってる)

・韓国行きたい、星野リゾート・ディズニーのミラコスタ泊まりたい、ブルーラグーンいく、セブ島でスキューバーダイビング、セダンの車買う、家買う。とかとか欲求は止まらない。

 

結婚は考えてるの?子供は??

僕は25歳なので、結婚願望はあるが、ゆりちゃんは今大学生で、まだカフェの方も、就職のこととかもあるので、

とりあえずは、今のyuricafeの方が、安定し始めて、就職のことも解決したら、結婚の話も進めていこうかなと思ってる。

 

子供は、僕は30歳までには欲しいなと思っている。とりあえず収入が2人で100万は超える。

 

普段どんなところにデートするの??

お互いカフェが好きなので、カフェに行くことが多いです。

あとは、最近だと、yuricafe開業に向けて、バリスタの人や、カフェ経営関連の人に会うことが多いです。(デート?笑)

 

他にも、今まで、沖縄旅行、京都・大阪にヒッチハイク、滝を見にいったり、夜景見に行ったり、

めちゃめちゃあるけど、一番多いのは、カフェ巡りかな〜〜。

 

お互い楽しく生活するために、やっていること。

感謝の気持ちや、ごめんの気持ちをまっすぐ伝える。

思ったこと(好きなこと嫌いなこと、やりたいこと)は基本全部言うようにする。

 

その他にも、何気ない心遣い(率先して掃除したり、荷物持ったり)や、サプライズ精神を忘れないようにしてる

 

さいごに。なんでこんな記事を書いたの??

正直、こういう内容の記事を書くのは初めてで、書くか迷ったのだが、

今回の内容は、みんなから、よく聞かれる質問だから興味ある人も多いんだろうなと実感していたし、

みんなから応援されるカップルでいたいなと思っているので、

そのためには、もっと僕らのことや、ストーリーを知って欲しいなと思った。

 

これからも嬉しいことも悲しいことも色々起こると思うと思うけど、

一緒に僕らカップルを。そして「日本一人と人を繋げる”yuricafe”」を応援、一緒に作り上げてくれると嬉しいです。

 

ということで、今日も最後まで見てくれてほんまありがとう。

この記事もしちょっとでもええなと思ったらシェアしてくれたら嬉しいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 三重県のおすすめスポット

HAPPU MARKET(八風マーケット)2018の感想口コミ!
more...