『日本一のブログ道』プロブロガー藤井洋輔(ふじいようすけ)の『新しい遊びを紹介するブログ』@旅BAR名古屋ブログ

大阪出身で名古屋住み/1993年8月29日の25歳/転職22回/4つクビ/天才発達障害者(ADHD)/元お笑い芸人/新しい遊び"挑戦系"youtuber(旅BAR TV)現在1ヶ月で57000pv/プロブロガー(日本一のブログ道)現在1ヶ月で31000pv/『日本一話せる友達ができるBAR』旅BAR名古屋経営/名古屋新守山で「日本一人と人が繋がるカフェ”YuriCafe”」を経営」/職業は『プロ遊び職人』/僕の頑張る理由が皆んなの頑張る理由に。「僕にできないことはない、天才だから。」

【人前で話すのが苦手!】初めて人前でトークライブする前に気をつける【6つの方法】

calendar

reload

【人前で話すのが苦手!】初めて人前でトークライブする前に気をつける【6つの方法】

【人前で話すのが苦手!】初めて人前でトークライブする前に気をつける【6つの注意点】

 

どうも!旅BAR名古屋店長&プロyoutuber&ブロガー

藤井洋輔です。

今回は、先日人生初のトークライブを終えた

旅BAR名古屋店長”たくみ”(24)に「初めて人前でトークライブをする前に気おつける 6つの注意点」

をインタビューしてきました。

 

スポンサーリンク

【初めて人前でトークライブをする前に気おつける 6つの注意点】

 

★1、かっちりとした台本は作るな

あまり事細かく、台本をやりすぎると、

想い・気持ちが、伝えずらくなる。

「文章を言わないと!」という強制感がでてしまうから。

なので重要なところも単語でメモ程度にすること

 

★2、全身で表現する。

ただ立って話すのではなく、全身を使ったジェスチャー

相手に伝えていく事を意識する事で伝わりやすくなる。

 

★3、目線は来てくれたみんなを見よう

一人一人、あなたにつたえてるんです!!というイメージで

目線を見ていこう!1対1で話すのを1人1人とやっていく。

 

★4、抑揚、声の大きさ、間を大事に。

大事なところは、抑揚で強調、声の大きさをあげたり、

悲しいところなどは間を入れたり、声を小さくしたりする。

 

★5、一人で内容は作らず、経験者の誰かとやれ!

一人だと、内容の深堀が甘かったり、

内容が薄く、勘違いになりがちなので

経験者の誰かと一緒にやってアドバイスをもらいながらやろう。

 

★6、圧倒的本番さながらの練習をすること

言うまでもなくこれは必須。

できればそこの会場に行き練習する。

そうすることで緊張しなくなり、舞台上で楽しんで話す事ができる。

 

【まとめ】

人前で話す技術は山ほどある中で、

まずは↑の6つの注意点を徹底的にやれば、

初めてのトークライブ、人前で話すの対しては、十分な結果が得れます。

 

もしトークライブ経験者の”たくみ”に、もっとアドバイスして欲しい!という人がいたら、繋げさせていただきます!

 

僕藤井洋輔まで直接連絡いただければ紹介しますね!

youske33333333@gmail.com

 

ということで、ほんま見てくれてありがとうございます!

ちょっとでもいいなと思ったら是非シェアもしてくれると嬉しいです!